ホーム>管理人紹介

管理人紹介

大竹正芳・Facebook

Facebook始めました。よろしくお願いいたします。

大竹正芳

はじめに

このページは大竹五洋のホームページを運営している大竹正芳のページです。

実質上大竹正芳の公式ホームページにもなっています。

大竹五洋同様、大竹正芳もご高配賜わりますようお願い申し上げます。

こんな仕事をしています

2017224212515.jpg

    主にデパートで作品の発表をしています。

    主なテーマは花鳥画です。

    色彩は艶やかな作風を心掛けています。

    裏箔を広めたのは自分だと自負しています。

    たまに恐竜描いたりすることもあります?!

    日本のお城が専門の歴史研究家でもあります。

    また、地元である鎌倉の研究もしています。

    そんな大竹正芳の世界を堪能してください。

    F8 紅蓮(2019年制作)

                                                                                       略歴

1965年 大竹五洋の一人息子として生まれる。深水により正当な国芳の後継者として「正芳(まさよし)」と名付けられる

1990年 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業

1993年 歴史考古学者(日本城郭学会代表)西ヶ谷恭弘氏に師事

1994年 鎌倉芸術館にて個展

1996年 NHK「堂々堂々日本史」にて真田丸の復原考証協力

1998年 銀座スルガ台画廊「五月展」

1999年 ギャラリー元町、ギャラリーGOKURAKU亭にて個展

2000年 ギャラリー元町、ギャラリーGOKURAKU亭にて個展

2001年 池袋東武、上野松坂屋、水戸京成の各デパートにて個展

同年  (財)鎌倉風致保存会刊『東勝寺跡・妙本寺周辺測量調査報告書』を執筆

2002年 池袋東武、上野松坂屋、藤沢小田急の各デパートにて個展

2003年 池袋東武、上野松坂屋、藤沢小田急の各デパートにて個展

2004年 池袋東武、上野松坂屋、藤沢小田急の各デパートにて個展

2005年 池袋東武、上野松坂屋、藤沢小田急の各デパートにて個展

同年  鎌倉市教育委員会刊『北条義時法華堂跡確認調査報告書』附編2を執筆

2006年 池袋東武、上野松坂屋、藤沢小田急の各デパートにて個展、渋谷東急本店にて三人展

2007年 池袋東武、上野松坂屋、藤沢小田急の各デパートにて個展、渋谷東急本店にて三人展

2008年 池袋東武、船橋東武、渋谷東急本店、藤沢小田急の各デパートにて個展

2009年 池袋東武、船橋東武、渋谷東急本店、藤沢小田急の各デパートにて個展

2010年 池袋東武、船橋東武、渋谷東急本店、藤沢小田急の各デパートにて個展

同年  江ノ島展望灯台の名称に応募した「江ノ島シ―キャンドル」が採用される。

2011年 池袋東武、船橋東武、渋谷東急本店、藤沢小田急の各デパートにて個展

同年  毎日新聞旅行「戦国廃城を歩く」ツアー開始

2012年 池袋東武、船橋東武、渋谷東急本店、藤沢小田急の各デパートにて個展

同年  「玉縄城築城500年祭」にともない、同城の残存遺構調査実施

2013年 池袋東武、船橋東武、渋谷東急本店、藤沢小田急の各デパートにて個展

2014年 池袋東武、船橋東武、藤沢小田急の各デパートにて個展

2015年 船橋東武、吉祥寺東急、藤沢小田急の各デパートにて個展、柴田悦子画廊にて個展

2016年 池袋東武、船橋東武、神戸大丸、藤沢小田急の各デパートにて個展、上野松坂屋にて三人展

同年  玉縄城址まちづくり会議刊・文化庁補助金事業『玉縄城跡遺跡群学術調査報告書』に執筆

2017年 壹零參堂にてグループ展、鎌倉まめや長谷本店にて個展

同年  (公益社)鎌倉市観光協会の納涼うちわの図柄を描く

 

他、展覧会多数、歴史出版物の挿絵ならびに共著多数、学術論文、講演等

毎年、鶴岡八幡宮のぼんぼり祭に作品を奉納

 

現在、湘南アカデミア「ボタニアルアート」講師、毎日新聞旅行「戦国廃城を歩く」講師

毎日文化センター「日本の城を知る」講師、大竹五洋日本画教室

 

所属団体(2017年現在) (学術認定団体)日本城郭史学会委員  

           (公益財)鎌倉風致保存会幹事  

           玉縄城跡まちづくり会議理事

           (公益社)鎌倉市観光協会

           鎌倉市商工会議所

           (一般社)日本甲冑武具研究会

           鎌倉明治会他